CSSはルールを理解すれば簡単

CSSの役割とHTMLとの違い

CSSとは、HTMLにスタイル機能を提供し、表示を制御する為の言語です。初めてCSSを見る方はアルファベットと数字の羅列でものすごく難しいと感じるでしょう。しかし、簡単に言えば、ホームページにおいて文章はHTMLの事、その他の文字の大きさ、色、フォント、画像や動画の挿入、余白の作成など装飾する役割がCSSにあるのです。基本的な仕組みは、関連するHTMLドキュメントの中から、変更したい要素をを選択して、そこにスタイルを適用して表示を変更します。
また、CSSには決まった入力方法があります。まず、一部のプロパティ値を除き、ルールはアルファベットからコロン、セミコロン、スペース等の記号も含めてすべて半角で記述します。

CSSの基本的な書式と各部の名称

CSSには基本的な名称があります。まず、セレクターと呼ばれるHTMLドキュメントから特定の要素を選択するものがあります。セレクターにはパターンと呼ばれる要素を選択する条件が定義されています。HTMLにおいてどの部分を装飾したいのかアルファベットで記述したものととらえるとわかりやすいでしょう。そのセレクターで選択した要素は開始波カッコで始めて、終了波カッコで終わり、その部分を宣言ブロックと呼びます。そして、宣言ブロックの中に「テキスト色を変更する」「フォントを指定する」など装飾したい事を入力します。これがプロパティと呼ばれるものです。さらにプロパティに設定する値をプロパティ値と呼び、数字やアルファベットで記述します。プロパティとプロパティ値の間にはコロンを、プロパティ値の後ろには必ずセミコロンを記述します。
CSSを操作する場合、アルファベットと数字ばかりでどこをどう変更したの解らなくなることもあるでしょう。その為に、「/*」から「*/」の間に自分がわかりやすいように何をするのか記述しておきます。この記号の間であれば文章と解釈されず、表示に影響される事はありません。

HP作成を行うには、ウェブデザインやプログラミングなどのコンピュータに関連するスキルが必要となることがあります。